未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET Smart Security」 公式サイト
未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET Smart Security」 公式サイト
AEDレンタル
AEDのレンタルについて考えてみました。
1.AEDのデータエクスポートはできるようになっているの?
2.電極パッドを使用した際の補充は1両日中に可能なのか?
3.最終的に購入した方が安くなるのではないだろうか?
等々
何度も使用する機会があれば、レンタルは絶対安いが、頻度が全くゼロだとトントンですよね。
使用しないことが一番ですが、使用することも考えて判断しなきゃいけない。
難しいところだ。

もう少し安く(数万円)なれば、一家に一台になるはず。

スポンサーサイト
【 2017/05/22 16:28 】

| AEDレンタル | コメント(0) | トラックバック(0) |
AED学校での教育が命を救う
AED”学校教育”が命を救う!
平成24年まで教育現場でAEDを含めたCPRが行われた件数は821件もあるようです。
しかし、まだまだ教育現場において心肺蘇生法の訓練を定期的に授業のカリキュラムに含めている学校は少ないでしょう。
こんな出来事がありました。
おはようニュース
今年の1月山口県萩市で行われた駅伝大会の際、中継所でタスキを渡した60代の男性ランナーが仰向けで口を半開きにし不自然な状況で倒れていたといいます。そこにランナとして参加していた”的場浩一郎”さんが、学校で習った訓練を思いだし、「AEDが必要だ」と判断して近くのスポーツ施設にとりに行き、すでにランナーの医師たちで胸骨圧迫中だったところに届けたのだそうです。
11分後、その男性は救急車の中で息を吹き返したようです。
”的場浩一郎”さんは中学生だったようですが、学校で心肺蘇生法を授業として訓練を受けていたようです。
みなさん、ぜひ学校でBLS教育が受けられるよう、声を挙げていきませんか?
一人でも多くの方がバイスタンダーとして社会に出ていけば、多くの人を救えるでしょう。

【 2017/05/17 17:39 】

| 学校とAED | コメント(0) | トラックバック(0) |
ガイドライン2015対応
本当に久々の投稿です。
実は日本ACLS協会G2015の更新講習を終え、これから学校から要請があるだろうBLS講習の資料作成をしているうちに疑問な点がいくつかあったので、どうしたらいいのか書き込んでみたくなりました。
1.G2010とG2015の変更点をどうするか?(あえて教えなくてもいいように思えますが・・・)
2.AHAヘルスケアプロバイダーでは脈の確認であるが、一般市民はやはり胸の上がり下がりかな?
3.胸骨圧迫についても5cm以上としていいように思える。(6cmを超えないようにするには難しい)
4.胸骨圧迫の「強く・速く・絶え間なく」についてAEDの充電時も圧迫を続けるように指導すべきか?
どなたか、一般市民用に指導経験のある方のご意見を頂戴したいです。
【 2017/05/09 08:42 】

| 救急救命講習 | コメント(0) | トラックバック(0) |
また、痛ましい事故。
ましい事故のニュースが飛び込んできた。
群馬県館林市内の中学校野球部2年の男子生徒が21日の練習中に意識不明となり、22日早朝、搬送先の病院で亡くなったニュースである。
学校側は適切な処理(AEDによる蘇生と胸骨圧迫)を行ったとある。
生徒に循環器系の持病はなかったとも発表している。
なぜ?
痛ましい事故である。

WEBニュース
【 2017/01/23 12:34 】

| 子供たち | コメント(0) | トラックバック(0) |
健康祭
健康祭3 健康祭2 健康祭1
昨日最上町で健康祭りが開催され当会「命をまもるやまがたの会」でも救急救命のお手伝いを協力しました。
昨年に比較すると受講者が少なくなっています。
今年は女性消防隊にもお手伝い頂きました。
中には「始めて胸押した。結構力いるんだね」って
何度も健康祭りにはお越しいただいているようなのですが、このコーナーは避けていたようです。
もっと、気軽によって頂けるようにするにはどうしたらいいんでしょうかね。
来年までの課題です。
【 2016/11/14 18:17 】

| 救急救命講習 | コメント(0) | トラックバック(0) |
池田弦さんを偲ぶ会
弦さん

自分なりに区切りをつけに今日、偲ぶ会に言ってきました。
でも、どうしても現実ではないような気がして、今こうやってブログを書いていても携帯電話が鳴るような気がしてなりません。
君の残した音楽という原石はちゃんと残ってるよ。
もう、3か月が経過したので、もう千の風に乗ってると思うけど、ちゃんと見といてよ。
微力だけど最上町の音楽をこれからも盛り上げていくよ。
ちゃんと区切りをつけて帰ってきたよ。
弦さん、また逢おうな。
【 2016/10/01 20:56 】

| 友人 | コメント(0) | トラックバック(0) |
弦さんを偲ぶ会
弦さんを偲ぶ会
「池田弦さんを偲ぶ会」
13年前にもなる弦さんとの出会い。
強烈な個性でこの町の音楽を高めてくれた友人。
「おおー、山田さん!元気!合唱やろーよー!」
って、明日にでも目の前に現れそうな気がしてなりません。
弦さんがいなければ、町民全体に音楽は根づかなかったかもしれません。
カウンターテノールという女性並みの高音域をうたってくれたのは、長男の小学校での講演会だったと思います。
池田敏美さんと弦さんは強烈なインパクトを与えてくれました。
偲ぶ会などという場ではなく本当は直接会って話したい。
9月24日の朝日新聞の記事から現実を突きつけられました。
このWeblogをご覧になった方々。
10月1日最上町中央公民館にお越し下さい。
この日だけ元気だったころの弦さんに逢えます。
時間は午後3時参加券は1,000円です。
【 2016/09/25 09:58 】

| 音楽 | コメント(0) | トラックバック(0) |
| ホーム | 次ページ