未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET Smart Security」 公式サイト
未知のウイルスへの対応力が違います。「ESET Smart Security」 公式サイト
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

| スポンサー広告 |
ガイドライン2015対応
本当に久々の投稿です。
実は日本ACLS協会G2015の更新講習を終え、これから学校から要請があるだろうBLS講習の資料作成をしているうちに疑問な点がいくつかあったので、どうしたらいいのか書き込んでみたくなりました。
1.G2010とG2015の変更点をどうするか?(あえて教えなくてもいいように思えますが・・・)
2.AHAヘルスケアプロバイダーでは脈の確認であるが、一般市民はやはり胸の上がり下がりかな?
3.胸骨圧迫についても5cm以上としていいように思える。(6cmを超えないようにするには難しい)
4.胸骨圧迫の「強く・速く・絶え間なく」についてAEDの充電時も圧迫を続けるように指導すべきか?
どなたか、一般市民用に指導経験のある方のご意見を頂戴したいです。
スポンサーサイト
【 2017/05/09 08:42 】

| 救急救命講習 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<AED学校での教育が命を救う | ホーム | また、痛ましい事故。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://kuniyaburete.blog69.fc2.com/tb.php/724-87dc77cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。